取り扱い製品

凍結防止剤「サビナックス#2」の特徴

各種試験に合格

札幌市の仕様に合わせて開発した、塩Naclに防錆剤を添加した凍結防止剤で、地方独立行政法人北海道立総合研究機構の腐食試験と財団法人北海道環境化学センターの有害物質試験、融氷量試験に毎年合格しています。

地方独立行政法人北海道立総合研究機構の試験分析結果成績表

▲地方独立行政法人北海道立総合研究機構の試験分析結果成績表

有害物質は基準値以下

中国産の塩99%に高性能な防錆剤を1%添加した凍結防止剤です。総理府の「排水基準を定める省令」による16種類の有害物質について試験を行い、全て基準値以下となっています。

総理府の「排水基準を定める省令」による16種類の有害物質についての試験結果

金属腐食は蒸留水並み

金属腐食試験の結果では、腐食原料が蒸留水並で塩化ナトリウムとの比較では約70%も低くなっており、平成18年度の札幌市性能規定を十分満たしています。

サビナックス金属腐食試験の結果

植生に対する影響は最小

コマツナの種子(外部環境の影響を受けやすい)を用いて、1%濃度の水溶液で発芽実験を行ったところ、発芽率は水道水と塩化ナトリウムの中間が得られました。

凍結防止剤-サビナックス

サビナックス発芽実験結果